【Swift5】GoogleMap における現在地への移動と緯度経度の取得

タイトル通りの記事でーす。
AppleMap と GoogleMap の両方を使えるようにしたくて実装したのですが、仕様上の問題で結局途中で止めました。
コードをまるっと削除して終わりってのも…なんか諦めきれないんで、記事に残します。笑

開発環境(前提条件)

・Xcode12.5
・Swift5
・GoogleMaps SDK for iOS は設定済みとします

実際のコード

マップを表示するまでは記事がたくさん転がってるので、ここでの説明は割愛します。
現在地の移動と緯度経度の取得だけを説明したいと思います。

現在地に移動する

以下のコードだけで、ぐーんとアニメーション付きで現在地に移動してくれます。

マップの中心の緯度経度を取得する

現在地の緯度経度ではなく、マップの中心の緯度経度です。

画面内に住所とか緯度経度を表示するのに使いたかったのですが、これが意外となかった印象です。
探し方が下手なだけかもしれぬ (・ω・`)

さいごに

これで成仏されるぜ(?)
実装しているとき、記事が古かったりエラーになったりで、コピペで動くコードが意外となかったのですが、そもそも GoogleMap を使うってこと自体あまりねーですよね…

Swift
スポンサーリンク
なんくるないさーエンジニア

コメント